静岡新聞SPORTS

飛龍の底力、大会新V 男子800リレー【静岡県高校新人水泳】

(2020/9/28 11:23)
男子800メートルリレータイム決勝 7分45秒99の大会新で優勝した飛龍の(左から)末光、杉山、高柳、勝又=県立水泳場
男子800メートルリレータイム決勝 7分45秒99の大会新で優勝した飛龍の(左から)末光、杉山、高柳、勝又=県立水泳場

 競泳の静岡県高校新人大会は27日、静岡県立水泳場で男子のタイムレース決勝15種目を行い800メートルリレーは飛龍が7分45秒99の大会新記録で優勝した。200メートル自由形は杉本碧波(伊東)が1分54秒46で頂点に立った。男子総合は飛龍、女子総合は城南静岡が制した。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、大会は無観客で実施した。女子のタイムレース決勝15種目は26日に行われた。

 ■疲労も強豪の意地 2位に10秒差の圧倒
 男子800メートルリレーで後半から他校を大きく引き離した飛龍。今月の東部新人大会でマークした7分46秒60を上回り、2年のアンカー勝又に仲間が笑顔で手を差し伸べた。
 1泳末光と2泳杉山の1年コンビが2位でつなぎ、2年の3泳高柳でトップに立った。2位に6秒差をつけ、勝又もさらに差を広げて約10秒差で圧倒した。複数種目に出場していた4人には疲労がたまっていたが、リレー強豪の意地が粘りを生んだ。
 数々の大会の個人種目で新記録を樹立してきた石田や上坂ら3年と比較し、土井コーチは「まだまだ実力は劣るが、伸び代は十分」と期待する。4人もレース後は自身の課題をそれぞれ口にし、来夏の全国高校総体へ視線を向けていた。「頼られるアンカーになりたい」と勝又。高柳は「完璧なタイムに近づいていきたい」と気を引き締めた。

学生スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第23節 2回戦
清 水 1 - 1 鳥 栖 (終了)
札 幌 1 - 0 鹿 島 (終了)
横浜C 1 - 0 F東京 (終了)
大 分 0 - 1 G大阪 (終了)
湘 南 3 - 2  柏  (終了)
浦 和 6 - 0 仙 台 (終了)
広 島 2 - 1 神 戸 (終了)
川 崎 3 - 0 名古屋 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿