静岡新聞SPORTS

静岡県高校総体 全32競技の中止決定

(2020/5/11 21:34)

 静岡県高等学校体育連盟(県高体連)は11日、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた第68回静岡県高校総体(県総体)の全32競技を中止にすると発表した。1952年に始まった県総体が全面中止になるのは初めて。各競技専門部の中には、代替大会の開催を模索する動きがある。
 県高体連によると、県内高校の臨時休校期間が5月末まで再延長されたことが大きな判断材料になったという。県教委や県高体連の役員らの意見を集約し、武田知己会長(浜松工高校長)が最終的に中止を決めた。各競技専門部には6月中旬~7月末の大会開催を要請していたが、32競技の足並みがそろわなかったことも要因。武田会長は「大変心苦しいが、理解してほしい」とした。
 代替大会については、陸上やサッカーなどの専門部が開催に向けて準備を進めている。サッカーの大川晃広専門部委員長(清水西高教)は「知恵を絞り、引退する3年生のための大会を何とか開催してあげたい」と話す。県高体連は「共催の形を取るなど、各専門部の要望に柔軟に対応していきたい」としている。
 一方、少林寺やテニスなどは、選手の安全確保の問題や、会場や審判員の確保が難しいことなどを理由に代替大会を実施しないという。県高体連は同日、各競技専門部に対し、3年生が部活動の引退時期で混乱しないように、代替大会についての対応方針を早急に各校に通知するよう要請した。

学生スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第8節 1回戦
札 幌 2 - 3 神 戸 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿