静岡新聞SPORTS

聖光、流通経大柏「特殊部隊」に突破許す 全国高校ラグビー

(2019/12/31 08:55)
聖光―流通経大柏 前半、相手の攻撃を必死に食い止める聖光の赤津(中央)ら=花園ラグビー場
聖光―流通経大柏 前半、相手の攻撃を必死に食い止める聖光の赤津(中央)ら=花園ラグビー場

 聖光が目標にしてきたシード校撃破の鍵は、1回戦で名護(沖縄)を封じ込めた前に出る守備が機能するかどうかだった。相手の展開攻撃を警戒し、選手同士の間隔を広めに保って鋭く距離を詰める。昨年4強の流通経大柏に対して立てたプランだった。
 だが、相手は一枚上だった。聖光の守りの裏をかくように手薄な密集の近場を屈強なFWが突破し、トライを量産した。流通経大柏の相(あい)監督は、FWの数人を聖光戦の「特殊部隊」に任命していたと明かす。組み合わせが決まった時点から2回戦の相手と想定し、分析をしてきた花園常連校に死角はなかった。
 それでも意地は見せた。主将の大西馨が前半に負傷退場。精神的支柱を欠いたが、ハーフタイムに「みんなで成長しよう」と心を整えた。後半はゴール前5メートルスクラムからの肉弾戦でボールを死守。高橋がインゴールにキックを転がして赤津のトライを演出した。2メートルのロックを擁する相手のラインアウトでボールを奪取した場面もあった。劣勢の中でも選手が自ら判断し、活路を開く主体性は失わなかった。
 聖光の佐々木監督は「これで『練習を毎日やる』と言ったら負けなので。週3回の90分を突き詰める」と話し、攻守で存在感を放った平野は「自分で自分をどれだけ追い詰められるか」と悲願達成を後輩に託した。強豪との差を埋めるため、独自の挑戦が続く。

学生スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第1節 1回戦
清 水 1 - 3 F東京 (終了)
横浜M 1 - 2 G大阪 (終了)
広 島 3 - 0 鹿 島 (終了)
神 戸 1 - 1 横浜C (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト