清水エスパルス、J1開幕白星と飛躍決意 ロティーナ監督と権田

 Jリーグは23、24の両日、J1全20クラブの監督、選手代表が開幕節の対戦カードごとに抱負を語るオンライン記者会見を行った。27日に昨季5位の鹿島と敵地で戦う清水はロティーナ監督と主将のGK権田が参加し、今季の飛躍と難敵撃破へ決意を示した。

チームづくりの手応えを語ったロティーナ監督
チームづくりの手応えを語ったロティーナ監督
難敵鹿島撃破へ決意を口にした権田
難敵鹿島撃破へ決意を口にした権田
チームづくりの手応えを語ったロティーナ監督
難敵鹿島撃破へ決意を口にした権田

 ロティーナ監督はここまでのチームづくりについて「全体として順調に、良い積み上げができていると思う」と手応えを強調。「(戦術の)落とし込みで今はたくさんの仕事があるが、消化して前向きにやっていけると信じている」と選手への期待感を口にした。
 鹿島にはリーグ戦で過去4年白星がない。権田は「僕らが目指すところにいくためには超えなければいけない壁の一つ」とし、「今までと違うんだということを最初の試合でしっかり見せたい」と必勝を誓った。
 鹿島のザーゴ監督は今季の清水を「素晴らしい補強ができている」と警戒。昨季の対戦では鹿島が2勝しているが、FW上田は「同じようにはいかない。去年以上のパフォーマンスを出さないと勝つのは簡単でない」と気を引き締めた。
 開幕前に毎年開催しているキックオフカンファレンスの代わりとして実施した。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0