J1清水エスパルス、開幕戦で鹿島に勝利

 サッカーJリーグ1部(J1)は27日、第1節8試合を行った。清水エスパルスは茨城県立カシマサッカースタジアムで鹿島アントラーズと対戦し、3―1で6年ぶりの開幕戦勝利を飾った。後半に先制を許したが、FWチアゴサンタナ(28)とFW後藤優介(27)の得点で勝ち越し、オウンゴールで加点した。

鹿島アントラーズとの開幕戦に勝利し喜ぶ清水エスパルスイレブン=27日午後、茨城県鹿嶋市のカシマスタジアム
鹿島アントラーズとの開幕戦に勝利し喜ぶ清水エスパルスイレブン=27日午後、茨城県鹿嶋市のカシマスタジアム

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今季もJリーグは観客の収容人数に制限を設けてスタート。清水対鹿島戦は座席数の半分の約2万人を上限とし、鹿島サポーターのみを受け入れて開催した。
 同日はJ2も開幕し、ジュビロ磐田は28日に敵地でFC琉球との初戦に臨む。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0