清水エスパルス、最多タイ7連敗 J1リーグ第24節

 明治安田J1リーグは16日、各地でアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の関係で変則日程となった第24、25節の3試合などが行われ、清水は横浜Mに0-3で敗れ、7連敗を喫した。
 関連記事▶立田の退場でプラン狂う(9月17日)



(2)日産ス(横浜M2勝)▽観衆4171人
横浜M 7勝3分け8敗(24)3(3―0 0―0)0 清水 2勝3分け12敗(9)
▽得点者【M】エリキ2(4)オナイウ(3)

 【評】清水は序盤で陥った数的不利が響き、横浜Mに完敗した。
 前半9分に横浜Mのエリキに先制を許し、4分後には立田が相手FWを倒して一発退場。1人少ない戦いになると、左サイドを崩されて22分にオナイウ、28分にエリキに蹴り込まれた。
 後半は相手にボールを支配されて次々と決定機をつくられたが、GK大久保の好セーブなどでしのいだ。交代枠を全て使い反撃を試みたが、効果的な攻撃は繰り出せなかった。

いい茶0
メールマガジンを受信する >