静岡新聞SPORTS

J1清水エスパルス、5年ぶり4強 サッカー天皇杯

(2019/10/24 08:15)
鳥栖―清水 前半15分、清水のドゥトラ(左)がゴールを決める=駅スタ
鳥栖―清水 前半15分、清水のドゥトラ(左)がゴールを決める=駅スタ

 サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、静岡新聞社など共催)は23日、駅前不動産スタジアムなどで準々決勝を行った。J1清水は前半15分にFWドゥトラが奪ったゴールを守り抜いて1―0でJ1鳥栖を下し、5年ぶりの4強入りを果たした。
 準決勝は12月21日に行い、清水はJ1神戸と対戦する。

 ▽準々決勝(駅スタ)
 清水(J1) 1(1―0 0―0)0 鳥栖(J1)
 ▽得点者【清】ドゥトラ
 ▽観衆 5664人

 【評】清水は序盤の1点を守り切り、鳥栖を振り切った。
 前線からの激しいプレスでリズムをつかみ、前半15分に河井-ドゥトラとつないで先制した。前半42分のドウグラスのシュートは相手GKに阻まれたが、効果的な逆襲で相手に圧力をかけた。
 サイドから押し込まれた後半は再三ピンチを招いたが、最終ラインと中盤が連係して対応。GK西部の好守も光った。残り10分には鎌田を投入して守備を固め、逃げ切りに成功した。

公式戦の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト