静岡新聞SPORTS

<リオ五輪>水谷、伊藤を太鼓で歓待 母校・磐田北小児童

(2016/9/4 08:01)
児童たちの太鼓演奏を背に壇上に上がる水谷隼(中央左)と伊藤美誠(同右)の両選手=3日午後、磐田北小
児童たちの太鼓演奏を背に壇上に上がる水谷隼(中央左)と伊藤美誠(同右)の両選手=3日午後、磐田北小

 水谷隼、伊藤美誠両選手の母校の磐田北小で開かれた報告会では、6年生約40人が力強い太鼓演奏で2人を出迎えた。
 >写真 凱旋パレードで手を振る両選手
 同小には長年太鼓部があり、和太鼓は両選手にとってもなじみ深い音。舞台には伊藤選手が7月に寄贈した大太鼓も並び、児童は精いっぱい太鼓を打ち鳴らした。
 児童らは5月と7月の壮行会でも演奏を披露。五輪で活躍した2人の凱旋を心待ちにしながら、練習を重ねた。宮崎天花さん(11)は「メダルのお祝いと、お疲れさまという気持ちを込めてたたいた。2人に聞いてもらえてうれしい」と喜んだ。両選手に書いた児童の手紙1050通を代表児童が2人に直接手渡し、後輩たちの祝福や激励の言葉を届けた。

リオ五輪の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト