静岡新聞SPORTS

<リオ五輪>体操「金」水鳥監督 静岡市を表敬訪問

(2016/8/30 17:42)
田辺信宏静岡市長から花束を受け取る水鳥寿思氏(左)=30日午前11時45分ごろ、静岡市役所静岡庁舎
田辺信宏静岡市長から花束を受け取る水鳥寿思氏(左)=30日午前11時45分ごろ、静岡市役所静岡庁舎

 リオデジャネイロ五輪の体操男子監督として、団体総合を3大会ぶりの金メダルに導いた水鳥寿思さん(36)=静岡市出身=が30日、同市役所静岡庁舎に田辺信宏市長を訪ね、体操ニッポンの復権を強く印象付けた夢の舞台を振り返った。
 水鳥さんは2012年に史上最年少の32歳で男子監督に就任。団体金は自身が選手として貢献した04年アテネ大会以来で、今度は指揮する立場として五輪に臨み、世界一の歓喜に浸った。田辺市長から花束を受け取り、「目標を達成できて、ほっとした気持ち。選手が立派に演技をやりきってくれた」と笑顔を見せた。
 水鳥さんの母校で、今夏の全国中学校体操競技選手権大会で団体4位に入った同市立末広中の生徒も同席した。水鳥さんは20年東京五輪について触れ、「みなさんと一緒に世界で戦うことが私の夢」と語り掛けた。

リオ五輪の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト