静岡新聞SPORTS

<リオ五輪>飯塚「日本人の走る才能見せられた」

(2016/8/30 08:05)
日本外国特派員協会の記者会見でポーズをとるリオ五輪男子400メートルリレー銀メダリストの(左から)ケンブリッジ、桐生、飯塚、山県=29日午後、東京・有楽町
日本外国特派員協会の記者会見でポーズをとるリオ五輪男子400メートルリレー銀メダリストの(左から)ケンブリッジ、桐生、飯塚、山県=29日午後、東京・有楽町

 リオデジャネイロ五輪の陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した日本の山県亮太(セイコーホールディングス)飯塚翔太(ミズノ、藤枝明誠高出)桐生祥秀(東洋大)ケンブリッジ飛鳥(ドーム)の4選手が29日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見し、第2走者の飯塚は「日本人が走る才能があることを見せることができた」と話した。
 4人は入場時に見せた刀を抜くしぐさを再現するなど、終始リラックスした様子。「役目はいい流れをチームに持ってくることと思っていた」と言う第1走者の山県は「2位でゴールした時はやったー、という気持ちで大変うれしかった」と喜びをかみしめた。
 最終走者でウサイン・ボルト(ジャマイカ)と走ったケンブリッジは「4年後は今よりいいメダルを目指して4人で競い合っていきたい」と2020年東京五輪を見据えて言葉に力を込めた。第3走者の桐生は「世界では負けないという自信がありました」と心境を口にした。
 世界で評価されたバトンパスの技術を外国勢も磨いてくる可能性があるが、飯塚は「どんなに練習してきてもバトンで勝る自信を持っている」と誇った。

リオ五輪の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト