静岡新聞SPORTS

「経験と成果を東京に」 飯塚、水谷ら五輪メダリスト会見

(2016/8/25 07:46)
帰国後、記者会見に臨んだ日本代表選手ら=24日午後、都内
帰国後、記者会見に臨んだ日本代表選手ら=24日午後、都内

 過去最多となる41個のメダルを獲得したリオデジャネイロ五輪日本選手団が24日、帰国し、一足先に帰国していた選手を含む55人のメダリストらが都内で記者会見を行った。静岡県勢では陸上男子400メートルリレーで銀メダルに輝いた飯塚翔太選手(25)=ミズノ、藤枝明誠高出=が「リオパラリンピックの選手たちにも良いバトンタッチができた。2020年の東京五輪にも(今回の結果を)つなげたい」と胸を張った。
 飯塚選手は「今回の結果に国民の皆さんが喜んでいる姿を見て、僕たちもすごくうれしかった」と偉業達成の充実感を表した。時折、山県亮太選手(24)=セイコーホールディングス=らチームメートと談笑するなど、リラックスした様子だった。
 陸上十種競技の右代啓祐選手(30)=スズキ浜松AC=は旗手として出席。「(自分は)ここにいる選手で唯一メダルを取っていない。大変悔しいが、東京五輪に向けてメダルを取れる状態まで仕上げていきたい」と4年後を見据えた。
 卓球男子団体で銀、シングルスで銅メダルを取った水谷隼選手(27)=ビーコン・ラボ、磐田市出身=は「これからもっと良いパフォーマンスをして、さらに卓球界を盛り上げていけるように頑張っていきたい」とエースの責任感をにじませた。同女子団体で銅メダルの伊藤美誠選手(15)=スターツ、同市出身=は「東京五輪では今回の経験を生かし、もっと良い色のメダルを獲得したい」と飛躍を誓った。

リオ五輪の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第19節 2回戦
名古屋 3 - 1 清 水 (終了)
浦 和 0 - 2 横浜C (終了)
神 戸 4 - 0 札 幌 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿