静岡新聞SPORTS

<リオ五輪>飯塚選手に手づくり“銀メダル” 御前崎市庁舎

(2016/8/24 09:43)
銀メダルが取り付けられた飯塚選手のポスター=御前崎市役所
銀メダルが取り付けられた飯塚選手のポスター=御前崎市役所

 御前崎市が、市庁舎などに掲示している同市出身でリオデジャネイロ五輪の陸上男子400メートルリレー銀メダリスト飯塚翔太選手(25)=ミズノ=のポスターに、手づくりの銀メダルを取り付ける作業をしている。市民からは「歴史的快挙の余韻が味わえる」と好評だ。
 ポスターは、リオ五輪の直前に飯塚選手を応援しようと約40枚を掲げた。6月に名古屋市内で行われた日本選手権で優勝し、リオ出場を決めガッツポーズする力強い写真が使われている。
 御前崎市は、五輪での快挙を受け飯塚選手をたたえる横断幕や懸垂幕を設置する予定だが、作製に時間がかかるという。「何かすぐできることはないか」(市教委)と考え、銀メダルを作った。アルミホイルをラミネート加工し、赤いリボンを取り付けて、飯塚選手の“首”に掛けた。
 22日に市庁舎を訪れた小学校教諭の女性(38)は「飯塚選手の活躍はとても誇らしい。飯塚選手が走った2走は難しい位置と知り、その大役を果たしたこともすごい」と話した。

リオ五輪の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト