押谷ら攻撃陣アピール J3藤枝が練習試合

 J3藤枝は27日、藤枝総合運動公園サッカー場でJFLのヴィアティン三重と練習試合(45分×4本)を行った。2本目までの主力組で出場した新加入のFW押谷(磐田ユース出)がゴールを奪った。

藤枝-ヴィアティン三重 2本目23分、藤枝の押谷(右から2人目)がゴールを決めて3-0とリードを広げる=藤枝総合運動公園サッカー場
藤枝-ヴィアティン三重 2本目23分、藤枝の押谷(右から2人目)がゴールを決めて3-0とリードを広げる=藤枝総合運動公園サッカー場

 2本目22分、左サイドからのパスをスルーした押谷が、FW岩渕の折り返しを受けて反転。体勢を崩しながら右足でチーム3点目を決めた。「イメージ通りにトラップできた。いい展開でゴールを奪えた。あのようなシーンを増やしたい」と押谷。岡山や徳島などJ2で67得点を挙げた点取り屋が存在感を示した。
 藤枝に加入して2年目のDF稲積、MF杉田(静岡西高出)も得点でアピールした。1本目42分、GKとの1対1を決めた稲積は「自分の特長である攻撃で結果を残すことができた」。味方に負傷者が出たため、1本目30分から出場した直後の先制点だった。
 JFLのソニー仙台から移籍した昨季は9試合無得点だった杉田は、今季の練習試合で3得点。「Jリーグは結果の世界と思い知らされた。今季の目標は2桁得点」と言葉に力を込めた。
 ▽練習試合(45分×4本)
藤枝 4 1―02―11―10―0 2 ビィアティン三重
▽得点者【藤】稲積、杉田、押谷、岩渕
 ※ヴィアティン三重の得点者は非公表

SNSでシェアするSHARE

いい茶0