新加入DF貢献、無失点 対JFL鈴鹿、J3藤枝が練習試合

 J3藤枝は20日、磐田スポーツ交流の里ゆめりあでJFLの鈴鹿ポイントゲッターズと練習試合を行った。前半14分、FKのこぼれ球を拾ったMF杉田がミドルシュートを決めて先制。その後は相手に攻め込まれたが、新加入の金正也、森本の両センターバックを中心に守り抜き、1―0で逃げ切った。

藤枝-鈴鹿ポイントゲッターズ 前半、藤枝のCKからゴールを狙う森本(左)=磐田スポーツ交流の里ゆめりあ
藤枝-鈴鹿ポイントゲッターズ 前半、藤枝のCKからゴールを狙う森本(左)=磐田スポーツ交流の里ゆめりあ

 倉田監督は「(格上の)こちらが受けてしまった。ただ、スコアで勝つことは大事」と振り返った。FW大石ら昨季の主力の一部を温存した一戦で、勝利につなげたことを収穫に挙げた。
 「相手のミスに助けられた」と金正也も試合内容に納得いかない表情だったが、球際で体を張ってピンチを防いだ。G大阪時代のU―23(23歳以下)チームで出場したJ3の2試合を除き、鳥栖、仙台とJ1で10年間プレー。通算119試合に出場した経験を藤枝に還元しそうだ。
 昨季はJ2松本からJFLのマルヤス岡崎に期限付き移籍した森本は「失点0で終わることは大事。今季は結果を残さないとサッカー人生が終わる覚悟でやっていく」と昨季リーグ10位の44失点だった藤枝の守備の立て直しに貢献する。

 ▽練習試合
藤枝 1 (1―0 0―0)0 鈴鹿ポイントゲッターズ
▽得点者【藤】杉田

SNSでシェアするSHARE

いい茶0