静岡新聞SPORTS

藤枝MYFC敗れる J3リーグ第23節

(2020/10/26 09:50)
藤枝―鳥取 試合後、スタンドにあいさつに向かう藤枝の選手=藤枝総合運動公園サッカー場
藤枝―鳥取 試合後、スタンドにあいさつに向かう藤枝の選手=藤枝総合運動公園サッカー場

 J3リーグは25日、愛鷹多目的競技場などで第23節の8試合が行われ、藤枝は鳥取に1-2で敗れた。

(2)藤枝サ(鳥取2勝)▽観衆994人
鳥取 11勝4分け8敗(37) 2(1―0 1―1)1 藤枝 9勝5分け9敗(32)
▽得点者【取】田口(7)石井(2)【藤】大石(12)

 ■終盤の同点弾実らず 藤枝
 試合終盤に追い付きながら最後の最後、耐えきれなかった。藤枝はホームで勝ち点1さえ拾えず、これで6戦勝ちなし。上位陣を追走する足に力強さが戻ってこない。
 防戦一方だった前半終了間際に中央を破られて先制点を献上した。石崎監督が「勇気を持て」とハッパを掛けて送り出した後半から反撃開始し、大石が38分、クロスに飛び込んで同点に。しかし後半46分、痛恨のシーンは訪れた。CKの2次攻撃から石井のシュートを浴びた。
 約1カ月前の第16節ホーム熊本戦でも、一度は追い付きながら終了間際に突き放された。同じような試合が再び繰り返され、大石は「最後に力負けしてしまう。今年のチームを象徴するような試合だった」と嘆く。
 9月下旬にJ2クラブライセンスを取得。ゴール裏のスタンド中央には「J2の扉を開こう」と記された横断幕が掲げられている。しかし、残り11節で昇格圏内の2位長野とは勝ち点10差。道のりは険しさを増している。

 ■鳥取の石井が地元で決勝点
 鳥取のDF石井(常葉大橘高出)が試合終了間際、左クロスをゴール前で待ち構え、左足で鮮やかな決勝点。「両親や祖父母が見に来てくれていた。勝てて良かった」。地元静岡で凱旋(がいせん)ゴールを決め、仲間にもみくちゃにされた。
 関大を経て加入4年目の25歳は「アグレッシブに戦うことができた。上位に食らいついていかないと」と力強く話した。

藤枝MYFCの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1(今日の予定)

◇第29節 2回戦
横浜C - 清 水 (19:00)
川 崎 - G大阪 (18:30)
鹿 島 -  柏  (19:00)
大 分 - C大阪 (19:00)
湘 南 - 広 島 (19:30)
鳥 栖 - 仙 台 (19:30)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿