静岡新聞SPORTS

藤枝MYFC、先制もシュート2本 J3静岡県勢対決

(2020/6/28 09:43)
沼津―藤枝 前半34分、先制ゴールを決める藤枝の姫野(左)=愛鷹広域公園多目的競技場
沼津―藤枝 前半34分、先制ゴールを決める藤枝の姫野(左)=愛鷹広域公園多目的競技場

 藤枝は後半に失速した。シュートはわずかに2本。沼津も3本とはいえ、石崎監督は「セットプレーから2失点したが、これも得点の大きな要素。ミスが多すぎてシュートまで行けなかった。失点した後の(気持ちの)切り替えを反省したい」と淡々と話した。
 前半34分のMF姫野の先制点は理想の形から生まれた。パスカットからの長いボールをFW森島が左サイドで収め、FW大石が相手DF2人を引きつけてフリーになった姫野にラストパスが渡った。
 「得点は練習でやっていた形だが、その後に2、3点取れる好機があった。もっと精度を高めないと」と大石は悔しがった。J2昇格を目指すには序盤の連敗は避けたい。昨季は群馬でJ2昇格を成し遂げている姫野は「気持ちの切り替えが大事」とホーム初戦となる7月4日の相模原戦で仕切り直す。

藤枝MYFCの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト