選抜高校野球 三島南、1次登録18人発表「最後まで競争を」

 第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕、甲子園球場)に21世紀枠で出場する三島南は13日、1次登録メンバー18人を発表した。あしたか球場で行った練習の冒頭で稲木監督が選手に伝えた。開幕前日までメンバーの入れ替えが可能で、スタメン争いも継続する。指揮官は「最後まで競争を」と鼓舞した。

稲木監督(左)から第1次登録メンバーを発表された三島南ナイン=あしたか球場
稲木監督(左)から第1次登録メンバーを発表された三島南ナイン=あしたか球場

 昨秋の県大会で背番号10だった植松はエースナンバーを託され、「重みを感じる」と表情を引き締めた。左翼では山田と伊藤侍、二塁では古川と秋山が定位置を争う。伊藤侍は「今後の実戦形式の結果次第。打撃でどれだけアピールできるか」と闘志を新たにした。
 秋のベンチ外から新たにメンバー入りしたのは伊藤侍の弟、伊藤春内野手。打撃の成長が評価された。「メンバーは確定じゃないので今まで以上に重圧を感じる。正三塁手との差を少しでも縮めたい」と意欲を語った。
 1次登録メンバーは次の通り(〇数字は背番号)。
 ①植松②深瀬涼③冨岡④古川⑤小堂⑥深瀬暖⑦山田⑧前田⑨斎藤⑩伊藤侍⑪白鳥⑫近藤⑬馬渕⑭秋山⑮松本⑯伊藤春⑰稲村⑱長島大

SNSでシェアするSHARE

いい茶0