三島南高に表彰状授与 選抜野球21世紀枠、静岡県候補校推薦

 来年3月19日に開幕する第93回選抜高校野球大会の21世紀枠県候補校に推薦された三島南(持山育央校長)の表彰状授与式が17日、三島市の同校で開かれた。伊藤侍玄主将は「推薦に感謝し、静岡県の代表として誇りを持ち、練習に励んでいく」と決意を述べた。

21世紀枠候補校に推薦され、表彰状を受け取る伊藤侍玄主将(中央)=三島南高
21世紀枠候補校に推薦され、表彰状を受け取る伊藤侍玄主将(中央)=三島南高

 推薦理由には、地域の幼稚園児や小学生を対象にした野球教室を2014年から実施するなどの地域貢献、野球振興の実績や、情報通信技術を活用した練習などが挙がった。野部道太県高野連会長は「(今秋県4強入りした)野球だけでなく、地域貢献活動が評価に値する」と述べた。
 同校野球部では園児との交流、小学生への野球振興、少年野球での技術伝達を3本柱に取り組んできた。「先輩からノウハウを受け継ぎ、(参加者に)野球を楽しんでもらうことを大切にしている」と伊藤主将。稲木恵介監督は「少しでも競技人口減少に歯止めがかかればと思い、やってきた。21世紀枠に選ばれて活動が知られることで他校にも広まってほしい」と期待した。
 12月11日に全国9地区から1校ずつに絞られ、来年1月29日の選考委員会で出場3校が発表される。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0