常葉大菊川大敗、監督「修正する」 秋季高校野球静岡県大会決勝

 東海大会出場を決めている常葉大菊川が大敗した。送り込んだ5投手がコンパクトな振りで柔軟に対応する藤枝明誠の勢いを止められず、21安打を浴びて16失点を許した。石岡監督は「チームの完成度や個々の意識で点差以外にも強さを感じた」と完敗を認めた。
 16点差がついた最終回、3番川淵が右翼席に運ぶ2点本塁打を放ち、一矢報いた。前の打席までは相手左腕小林のスライダーに手を焼いて2三振を喫していた。代わった右腕松下から一発を放ち「甘い球が来たので狙い通りだった」と振り返った。
 センバツ出場への判断材料となる東海大会でこのような大敗をすれば命取りとなる。指揮官は「課題だらけになったが、屈辱と感じて修正するしかない」と立て直しを誓った。

いい茶0
メールマガジンを受信する >