静岡新聞SPORTS

26日に静岡県大会準決勝 秋季高校野球

(2020/9/25 10:00)

 来春の選抜大会につながる第73回秋季高校野球静岡県大会第4日は26日、草薙球場で準決勝を行う。藤枝明誠(中部5位)-加藤学園(東部1位)は昨秋の決勝と同じ顔合わせ。62年ぶりに4強入りした三島南(東部3位)は、常葉大菊川(西部5位)と対戦する。勝者が東海大会への出場権を獲得する。
 ▶<高校野球>秋季静岡県大会勝ち上がり表(2020)

 藤枝明誠は左腕エース小林の出来が鍵を握りそうだ。直球とスライダーをテンポ良く織り交ぜ、県大会3試合で計5失点と安定している。野手は前チームほどのパンチ力はないが、勝ち上がるごとにつながりが出てきた。
 加藤学園も打線がかみ合ってきた。野手は雨宮、佐野、植田、平尾ら昨秋の経験者が残る。新チーム発足当初は、絶対的エース肥沼が抜けた穴が目立ったが、右腕石山、左腕船橋の1年生を軸にした継投が定着つつある。
 三島南は準々決勝で好投した右横手の植松が鍵になるだろう。シュート気味の直球で芯を外し、カーブやチェンジアップで飛球を量産する。速球対策に取り組む強豪校が多い中で、100キロ台の“遅球”は効果的だ。
 常葉大菊川は失点の多さが課題だったが、安西、小山のタイプの異なる両右腕が軸になりつつある。打線は例年のような重量感はないが、敵失や四球に乗じて泥くさく1点をものにするなど、勝負強さが備わってきた。

 ■26日の試合(準決勝)
 ▽草薙球場
 藤枝明誠 10:00 加藤学園
 三島南 12:30 常葉大菊川

高校野球しずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第24節 2回戦
札 幌 3 - 0 横浜C (終了)
鹿 島 1 - 0 広 島 (終了)
名古屋 1 - 0 仙 台 (終了)
G大阪 2 - 1  柏  (終了)
浦 和 3 - 1 C大阪 (終了)
◇第28節 2回戦
F東京 0 - 4 横浜M (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿