加藤学園、静商を逆転 秋季高校野球静岡県大会2回戦 加藤学園―静岡商

▽2回戦(あしたか第1試合)

静岡商―加藤学園 9回裏静岡商2死一、三塁、加藤学園の中堅手佐野が飛球を好捕し勝利を決める=あしたか球場
静岡商―加藤学園 9回裏静岡商2死一、三塁、加藤学園の中堅手佐野が飛球を好捕し勝利を決める=あしたか球場

加藤学園(東部1位)
000020000―2
000100000―1
静岡商(中部4位)
▽暴投 中沢(静)
▽試合時間 2時間3分

 【評】加藤学園が静岡商に競り勝った。
 四回に失策で先制点を許し、1点を追う加藤学園は五回、水田からの3連続安打などで同点に追い付くと、宮崎の左前適時打で勝ち越した。
 投手陣は樋口、石山、船橋の継投で相手打線を散発4安打に抑えた。
 静岡商は九回、2死一、三塁の好機を生かせなかった。

 ■加藤学園 佐野攻守で躍動
 加藤学園は中堅手佐野が攻守で躍動してチームの勝利に貢献した。攻めては五回に同点の適時打で勝ち越しへの足がかりを作った。守っては最終回、抜ければ同点となる中前の飛球を飛び込んでキャッチし、試合を決めた。米山監督は「普段は空回りすることが多いが、落ち着いてプレーしていた。経験が生きている」とたたえた。
 1点差で迎えた最終回は2死一、三塁のピンチ。長打を警戒して後方に位置取りしていた。「外野のどこに飛んできても取れる準備をしていた。一走は絶対に仕留めるつもりだった」と佐野。懸命に走って打球をグローブに収めた。「1年の春から出ている自分が引っ張らないと」とけん引役としての自覚を高める。
 苦戦を強いられた初戦だったが、米山監督は「8安打で2点は少ないが、接戦を拾えたのは大きい」と及第点を与えた。

いい茶0
メールマガジンを受信する >