静岡新聞SPORTS

加藤学園高、12日に甲子園交流試合 加藤校長「全力プレーを」

(2020/8/10 09:01)
選抜出場決定後に加藤学園の投手陣を激励する加藤瑠美子校長(中央)=1月、沼津市大岡の加藤学園高
選抜出場決定後に加藤学園の投手陣を激励する加藤瑠美子校長(中央)=1月、沼津市大岡の加藤学園高

 2020年甲子園高校野球交流試合に招待された本県の加藤学園は12日、甲子園球場(兵庫県西宮市)で鹿児島城西と対戦する。創部25年目で初めて聖地でのプレーが実現することになり、野球部創設に携わった加藤瑠美子校長(77)は「感謝を忘れず、全力プレーを。強豪から学び、大きくなって帰ってきて」とエールを送る。
 加藤校長の父、高野百介氏=故人=は長野・松本商(現松商学園)で夏の甲子園を制し、東京六大学の立教大を経てプロの南海でプレーした野球人。太平洋戦争さなかの1945年、後に阿波丸事件と呼ばれる爆撃に巻き込まれて戦死した。「父は早く亡くなったのであまり顔を覚えていないけれど、母は父の試合を見に明治神宮球場に通い詰めたそう」と懐かしむ。
 そんな加藤校長にとって、野球部創設は女子校から共学化後の悲願だったが、資金面などで教職員の反対も受けた。創部後も県大会常連の仲間入りはしてもその先が遠かった。「“8合目”で満足してしまう時期もあった」。今回、ナインの口から「甲子園で校歌を歌う」と決意を聞き、その意欲が何よりうれしかったという。
 1月24日の選抜出場決定から一転、甲子園は春も夏も中止に。「一度は高い山に持ち上げられ、谷に突き落とされた。それでも立ち直ってくれた」。たくましく成長した選手を誇りに思い、聖地に送り出す。

高校野球しずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第18節 2回戦
清 水 1 - 2 浦 和 (終了)
札 幌 0 - 1  柏  (終了)
鹿 島 1 - 0 湘 南 (終了)
F東京 2 - 0 C大阪 (終了)
川 崎 3 - 2 横浜C (終了)
G大阪 2 - 1 名古屋 (終了)
神 戸 4 - 3 鳥 栖 (終了)
大 分 0 - 2 広 島 (終了)
横浜M 3 - 1 仙 台 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿