静岡新聞SPORTS

静商、静岡振り切り4強 2020夏季静岡県高校野球大会準々決勝 静岡―静岡商

(2020/8/2 08:38)
静岡商―静岡 力投する静岡商の高田=清水庵原球場
静岡商―静岡 力投する静岡商の高田=清水庵原球場
静岡商―静岡 3回表静岡2死二塁、城が適時二塁打を放つ=清水庵原球場
静岡商―静岡 3回表静岡2死二塁、城が適時二塁打を放つ=清水庵原球場

 ▽準々決勝(清水庵原第1試合)
静岡
0011000―2
300000×―3
静岡商
▽本塁打 杉山(商)
▽二塁打 城、関宮(静)鈴木(商)
▽試合時間 1時間31分

 【評】静岡商の左腕高田が、静岡の反撃をしのぎ、初回に挙げた3点を守り切った。
 静岡商は一回、先頭杉山の本塁打で先制すると、2四球などで1死一、二塁と好機をつなぎ、高田の適時打と2敵失に乗じて計3点を挙げた。高田は三回以降、毎回走者を背負ったが要所を締めた。
 静岡は先発松本蓮が二回以降は立ち直った。攻めては三回に城の適時二塁打で1点、四回は関宮の二塁打を足掛かりに1点差としたが、終盤の好機に後続が併殺に倒れた。

 ■静岡商・左腕高田が粘投 女房役の対馬ら援護
 大会屈指の左腕と強力打線の対決は、互いに譲らぬ意地がぶつかり合った。静岡商が初回の3得点で流れをつくれば、静岡打線も2巡目から左腕高田を捉え始め、じわじわと重圧を掛けた。最後までどちらに転ぶか分からない展開をものにした高田は、「静高相手に接戦を勝ちきった。壁を乗り越えた」と高らかに宣言した。
 静岡打線は低めの変化球を見極め、際どい球はカットしてきた。変化球の精度がいまひとつと感じた静岡商バッテリーは、直球を軸に組み立てを変えた。高田は「外角低めにストレートを投げれば長打にはならない」と、腕を振った。ベース寄りに踏み込んでくる右打者に対しては、内角をえぐった。
 エースの粘投を女房役の対馬も援護した。五回に先頭神谷を四球で歩かせたが、続く城を三振、神谷の二盗を好送球で阻止した。対馬は「エンドランがあると思っていた。過去一番の送球」と自画自賛。高田監督が「7回制を踏まえて1番に置いた」と言う杉山も先頭打者本塁打で起用に応え、指揮官は「3年生を誇りに思う」と、チームでつかんだ勝利を強調した。

 ■昨夏覇者・静岡 初回の失点響く
 静岡は初回の3失点が響き、静岡商に食らいついたが一歩及ばなかった。三回、2死二塁の場面で城の適時二塁打が反撃の契機になった。東京都出身ながら、静岡の文武両道の精神に憧れ、住居を移して受験した城は「負担をかけた母に野球で恩返しすることはかなわなかった。高校入学以来、野球も勉強も精いっぱい取り組んだ。今後、人間的に成長した姿を見せられたら」と話した。
 主戦松本蓮も二回以降立て直し、6回を4安打8奪三振と意地を見せた。「野手が取り返してくれたが、初回の3点が全て。将来は高田に負けない投手になる」と前を向いた。栗林監督は「異例の夏季大会になったが、たくましく成長した」と選手をたたえた。

高校野球しずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第9節 1回戦
清 水 3 - 1 札 幌 (終了)
名古屋 6 - 2 浦 和 (終了)
鹿 島 2 - 0 鳥 栖 (終了)
川 崎 2 - 0 大 分 (終了)
横浜M 1 - 1  柏  (終了)
G大阪 2 - 1 横浜C (終了)
神 戸 1 - 2 仙 台 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿