静岡新聞SPORTS

静岡県勢球児 東京六大学リーグに参戦

(2019/12/10 17:00)
4年後のプロ入りを目指す斎藤=静岡高
4年後のプロ入りを目指す斎藤=静岡高
勝負強い打者を目標にする伊藤=常葉大菊川高グラウンド
勝負強い打者を目標にする伊藤=常葉大菊川高グラウンド

 静岡県内高校野球をけん引した3選手が来春、東京六大学リーグに参戦する。2018年春と19年夏の甲子園で活躍した斎藤来音外野手(静岡)が慶大、18年夏の甲子園で本塁打を放った伊藤勝仁外野手(常葉大菊川)と強肩強打で注目された飛弾野慎之介捕手(掛川西)は法大に進むことになり、切磋琢磨(せっさたくま)を誓う。

 ■静岡・斎藤→慶大 走攻守そろった外野手
 抜群のスイングスピードで滞空時間の長い長打を放つ斎藤。2018年春の選抜初戦で2本の三塁打を含む3安打4打点と鮮烈な甲子園デビューを飾り、走攻守そろった外野手として注目を集めた。
 中日入りする石川(東邦)らとともに小学生でドラゴンズジュニアに選ばれた。誰もが認める練習の虫。追い込みすぎて高2の冬に腰を傷め、夏前まで調子が上がらず高卒でのプロを断念した。
 進学するなら慶大と決めていた。自主性を重んじるチームカラーに魅力を感じたと言う。今秋のリーグ優勝を決める早慶戦を神宮で観戦し、「早くここで野球がしたい」と気持ちを高ぶらせた。
 4年後のプロ入りを見据える。「野球人口が減る中、筒香さん(DeNA)のように、発信力を生かして野球やスポーツに貢献できるようになりたい」と未来図を描く。

レベルアップに取り組む飛弾野=掛川西高
レベルアップに取り組む飛弾野=掛川西高

高校野球しずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第31節 2回戦
清 水 2 - 2 川 崎 (終了)
札 幌 1 - 3 C大阪 (終了)
 柏  0 - 1 名古屋 (終了)
横浜C 1 - 1 鳥 栖 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿