静岡新聞SPORTS

藤枝明誠 中京大中京にコールド負け 高校野球東海大会準決勝

(2019/11/3 09:11)
藤枝明誠―中京大中京 1回表藤枝明誠1死一、三塁、村松が先制打を放つ
藤枝明誠―中京大中京 1回表藤枝明誠1死一、三塁、村松が先制打を放つ

 藤枝明誠は中京大中京の強打に屈した。立ち上がりに制球を乱した先発小林に対し、光岡監督は「固さを取ってやることができなかった」と悔やんだ。救援した大石も「追い込んでからコースに投げても簡単に空振りしてくれない。決め球をファウルで粘られ、力の差を感じた」と、終盤に力尽きた。
 それでも打線は大会屈指の右腕、高橋宏から5点をもぎ取った。優勝候補筆頭との前評判の相手に対し打撃戦を挑んだ明誠は、初回に3連打に足を絡めて2点を先行。斉藤、村松の中軸2人で4打点をたたき出した。本塁打を放った斉藤は「いい投手から打てたことは自信になる」と前向きに受け止めつつ、「その後の打席で凡退したのは集中力が足りなかった」と反省も忘れない。
 中部地区大会では順位決定戦で2連敗して4位。そこから成長し、東海4強にたどり着いた。主将の村松は「夏までにチームは変わることができる」と、再出発への決意を口にした。

高校野球しずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト