静岡新聞SPORTS

高校野球静岡大会組み合わせ決定 甲子園へ111チーム激突

(2019/6/23 07:02)
組み合わせ抽選に臨むシード校の主将ら=清水マリナート
組み合わせ抽選に臨むシード校の主将ら=清水マリナート

 第101回全国高校野球選手権静岡大会の組み合わせ抽選会が22日、清水マリナートで行われ、112校111チームの組み合わせが決まった。開会式は7月6日午後1時から草薙球場で行われ、選手宣誓は伊豆総合の谷口悠主将が務める。開会式直後の開幕戦(午後2時50分開始)は東海大翔洋―聖隷クリストファーが対戦する。日程が順調に進めば27日に決勝を行う。
 >開幕戦「翔洋―聖隷」強豪校対決
 各チームの実力が伯仲し、混戦模様の今大会。第3シード常葉大橘と第5シード静岡商のブロックは好投手、好打者を擁する強豪校がひしめく最激戦区となった。常葉大橘の佐野主将は「つぶし合いになるけれど、どこが相手でも挑戦者の気持ちで戦う。あと2週間で走塁をさらに磨き、打撃を爆発させて(主戦の)市川を助けたい」と意気軒高だ。
 第1シード浜松商のブロックには、ノーシードながら夏春計41度の甲子園出場を誇る静岡が入った。浜松商の山崎主将は「第1シードとして注目されると思うが、先を見ずに一戦一戦やる」と表情を引き締めた。静岡の小岩主将は「夏に向けてやれることは全部やってきた。弱点と言われた投手陣が強みになった」と、仕上がりの良さを強調した。
 第2シード加藤学園の林口主将は「受けて立つのではなく向かって行く気持ちで戦う。全試合、全力でいく」と意気込んだ。第4シード浜松工の初戦は清水桜が丘-磐田南の勝者。いずれも好投手を擁するチームだけに、浜松工の掛井主将は「どちらが来ても強い相手。いい投手に対し、持ち味の打撃がどれだけ通用するか」と楽しみにした。

高校野球しずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト