静岡新聞SPORTS

静岡新聞社・静岡放送スポーツ賞に静岡学園と藤枝順心

(2020/1/21 09:42)
全国高校サッカー選手権で優勝した静岡学園高
全国高校サッカー選手権で優勝した静岡学園高
全日本高校女子サッカー選手権で2年ぶり4度目の優勝を果たした藤枝順心高
全日本高校女子サッカー選手権で2年ぶり4度目の優勝を果たした藤枝順心高

 第68回静岡新聞社・静岡放送スポーツ賞に、静岡学園高サッカー部と藤枝順心高サッカー部が優秀チーム賞として追加されることが決まった。静岡学園高は13日の全国高校サッカー選手権で優勝し、藤枝順心高は12日に全日本高校女子サッカー選手権で頂点に立った。
 スポーツ賞の受賞者は22個人12団体となり、25日に静岡市駿河区の静岡 新聞放送会館で表彰式を行う。

 ■静岡学園高サッカー部
 第98回全国高校サッカー選手権で優勝

 華麗なドリブルに小気味良いショートパスを織り交ぜる伝統のスタイルを貫き、24大会ぶり2度目の頂点に立った。前回は鹿児島実との両校優勝だったため、単独制覇は初。
 「攻撃は最大の防御」を掲げ6試合で19点を奪った。「攻から守への素早い切り替え」で相手にボールを持たせず、中盤両サイドの松村と小山の突破力を生かす攻撃は迫力十分だった。準決勝の矢板中央(栃木)戦は終了間際のPKで勝ち越し、決勝は優勝候補筆頭の青森山田に2点を先行されながら逆転勝ち。勝負強さも光った。
 静岡県勢の優勝は24大会ぶり11度目。主将の阿部は「静岡の歴史を変えることができてよかった」と喜びをかみしめた。

 ■藤枝順心高サッカー部
 第28回全日本高校女子サッカー選手権優勝

 チーム一丸となって2大会ぶり4度目の栄冠に輝いた。12日の神村学園高(鹿児島)との決勝は劣勢の時間帯を全員で耐えた。後半に流れを引き寄せ、FW池口がゴールを決めて1―0で競り勝った。
 2年前の優勝を経験したDF長江らが残ったチームはさらなる飛躍が期待された。だが、前年度の選手権、昨夏の全国高校総体とも初戦敗退。「あの敗戦があったからこの日の勝利がある」と多々良監督が振り返るように、危機感を抱いた選手は目の色を変え日本一奪回の最後のチャンスに懸けてきた。
 「夢がかなった」。長江の言葉に充実感がにじんだ。

高校サッカーしずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト