静岡新聞SPORTS

「またあの舞台に」静岡学園15点発進 静岡県高校新人サッカー

(2020/1/19 08:11)
静岡学園―清水国際 前半15分、静岡学園の清水(右)がチーム2点目を決める=とこはグリーンフィールド
静岡学園―清水国際 前半15分、静岡学園の清水(右)がチーム2点目を決める=とこはグリーンフィールド

 ◆静岡県高校新人大会
 ▽1回戦 
 静岡学園 15(8―0 7―0)0 清水国際

 全国連覇に向け、静岡学園の新チームが大勝発進した。今大会の指揮を執る斉藤部長は「先輩から刺激を受け、チームの意識が2ランク上がった」と優勝効果に目を細めた。
 全国選手権の決勝で貴重な同点ゴールを挙げたFW加納は左膝に不安を抱えているためベンチだったが、全国を経験したトップ下の渡辺と、中盤左の1年清水がハットトリックの活躍。チーム全体でボールをつなぎ34本のシュートを放った。
 司令塔の役目を期待される渡辺は「全国ではあまり出場できず、悔しさもあった。自分が中心となり、もう一度あの舞台に立ちたい」と話した。
 

高校サッカーしずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト