静岡新聞SPORTS

静岡県高校新人サッカー18日開幕 静学、初戦は清水国際

(2020/1/18 08:31)

 サッカーの静岡県高校新人大会は18日開幕する。昨年の全国高校選手権県大会の決勝トーナメントに進出した16校に、東、中、西部の各地区大会を勝ち抜いた48校(各地区16校ずつ)を加えた計64校がトーナメントで争う。決勝は2月2日午後1時半から、藤枝総合運動公園サッカー場で行う。同日は午前10時半から女子決勝も行われる。
 昨年度まで32校によるトーナメントだったが、本年度は出場校を倍増した。県サッカー協会2種委員会が取り組む高校年代の強化プロジェクトの一環で、他地域のチームと対戦する機会を増やすのが狙い。
 注目は全国選手権で24大会ぶりに優勝した静岡学園の戦いぶり。FW加納やGK野知らが中心となり、全国連覇に向けて始動する。1回戦は清水国際とぶつかる。
 前回王者の藤枝東や、全国高校選手権県大会で東部勢初の決勝進出を果たした富士市立が新チームでどんなサッカーを見せるか。8年ぶりにプリンスリーグ東海に復帰する常葉大橘にも注目が集まる。

高校サッカーしずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿