静岡新聞SPORTS

「みんなのゴール」静学、静岡市で報告 高校サッカー全国V

(2020/1/15 07:38)
約500人の市民らの前で優勝を報告した静岡学園イレブン=14日午後、静岡市役所
約500人の市民らの前で優勝を報告した静岡学園イレブン=14日午後、静岡市役所

 第98回全国高校サッカー選手権で24大会ぶり2度目の優勝を果たした静岡学園高の選手が14日、静岡市役所で日本一を報告した。
 13日の決勝ではパブリックビューイングが行われた静岡市役所1階。報告会の1時間以上前から市民らが集まり、静岡学園イレブンが到着すると約500人が「おめでとう」「よくやった」と歓声で迎えた。川口修監督は「皆様の熱い声援、本当にありがとうございました」と感謝。米国出張中の田辺信宏市長は「サッカー王国に新しい歴史を築いてくれたことをうれしく思う」と祝福のメッセージを寄せた。
 決勝で同点ゴールを決めた同市出身の加納大選手(2年)は「サッカー人生の中でも一番のゴール」と語り、拍手を浴びた。2得点の中谷颯辰選手(3年)は「形の上では僕の得点だが、みんなの気持ちがつながったゴール」と振り返った。
 チームは新人大会に向け、15日から練習を再開する。阿部健人主将(3年)は「後輩たちはさらに高みを目指し、静岡のサッカーの発展に貢献していくと思う。これからも応援お願いします」とあいさつした。

高校サッカーしずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト