静岡新聞SPORTS

初先発FW加納が同点弾 全国高校サッカー・静岡学園

(2020/1/14 07:42)
青森山田―静岡学園 後半16分、同点ゴールを決め、指を突き上げる静岡学園の加納=埼玉スタジアム
青森山田―静岡学園 後半16分、同点ゴールを決め、指を突き上げる静岡学園の加納=埼玉スタジアム

 ベンチを温めることが多かった2人が値千金の同点弾を生み出した。後半16分、左サイドから切れ込んだ途中出場のMF草柳のパスを受け、初先発のFW加納が背後の相手を素早い反転で振り切り、「イメージ通り」とゴール右に強烈なシュートを突き刺した。
 後半から出場し、パスで崩すチーム本来の攻撃を取り戻す役目を託された草柳。ボールを受け、パスコースを探した。しかし、「相手の動きが見えて、いけると思った」と空いていた中央にドリブルで侵入。ペナルティーエリア手前で待ち構えていた加納に預けた。加納は「(草柳と)目が合った」とワンタッチでシュートコースにボールを置き、左足を一閃(いっせん)。自主練習で磨いてきた得意の形を大舞台で見事に表現した。
 県大会で主力として出場していた加納は、全国選手権前に左ひざを負傷。代役を務めたFW岩本が得点を量産し、先発の座はなかなか回って来なかった。悔しさを胸に準備し、「目がぎらぎらしていて、『俺を使ってくれ』という思いが見えた」と語る川口監督の抜てきに応えた。
 加納の2人の兄はともに静岡学園で活躍した。次男の澪(りょう)さんは5年前に同じ舞台に立ったが8強止まりだった。「活躍して全国優勝する夢が果たせてすごく幸せ」と加納。ただこれで終わるつもりはない。「来年は連覇と得点王を狙いたい」。静岡市出身の2年生ストライカーが“サッカー王国復活”のけん引役を担う。

高校サッカーしずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第26節 2回戦
仙 台 0 - 2  柏  (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿