静岡新聞SPORTS

常葉大橘8年ぶり昇格 サッカー高円宮杯U―18PL東海参入戦

(2019/12/16 07:48)
常葉大橘高-四日市中央工高 後半26分、常葉大橘高の中村(右から2人目)がゴールを決め、4-3と勝ち越す=磐田スポーツ交流の里ゆめりあサッカー場
常葉大橘高-四日市中央工高 後半26分、常葉大橘高の中村(右から2人目)がゴールを決め、4-3と勝ち越す=磐田スポーツ交流の里ゆめりあサッカー場

 サッカーの高円宮杯U―18(18歳以下)プリンスリーグ東海参入戦は15日、磐田スポーツ交流の里ゆめりあサッカー場などで2試合を行った。昇格A決定戦に進出した常葉大橘高は、4―3で四日市中央工高(三重)に競り勝った。来季は8年ぶりにプリンスリーグ東海に復帰する。
 敗者1回戦の結果により、四日市中央工高の昇格も決まった。

 ▽昇格A決定戦
 常葉大橘高 4(3―1 1―2)3 四日市中央工高(三重)
 ▽得点者【常】小野田2(高橋、高橋)中村2(なし、小野田)【四】浅野(森)匂坂2(和田、宮木)
 ▽敗者1回戦
 各務原高(岐阜) 2(0―1 2―0)1 東海学園高(愛知)

 ■中村が決勝点、打ち合い制す
 常葉大橘高が激しい打ち合いを制した。3―3の後半26分、FW小野田のFKのこぼれ球がMF中村の前に流れた。「蹴った瞬間に入ったと思った」。中村の低い弾道のシュートで決勝点を奪った。
 11月の全国選手権県大会準々決勝で、全国総体出場の清水桜が丘高から金星を挙げながら、準決勝で富士市立高に苦杯をなめた。新井監督は「選手権で何が足りなかったのか。欲をかかず、一つ二つと整理できた」と県Aリーグ残り3試合でチームを立て直し、参入戦を連勝した。
 前半5分に先制される苦しい立ち上がりも、小野田の2得点で逆転した。「みんなで笑って終わろうと言ってきた」と小野田。決勝点を含む2得点の中村は「高校までと決めてきたサッカーをやり切ろうと、この1カ月は自主練習までしっかりやれた」と胸を張った。2年生DF松永は「3年生が残してくれた昇格。自分たちもしっかり後輩に残したい」と話した。

高校サッカーしずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第13節 1回戦
湘 南 0 - 0 鳥 栖 (終了)
◇第33節 2回戦
神 戸 1 - 3 鹿 島 (終了)
横浜M 2 - 1 名古屋 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿