静岡新聞SPORTS

浜松開誠館、磐田東と対戦 全国高校サッカー静岡県大会決勝T

(2019/10/22 08:57)
全国高校サッカー県大会決勝トーナメント組み合わせ
全国高校サッカー県大会決勝トーナメント組み合わせ

 第98回全国高校サッカー選手権静岡県大会(県サッカー協会、県高体連、静岡新聞社など主催)の決勝トーナメント(T)組み合わせ抽選会が21日、科学技術高で行われた。1次トーナメントを勝ち抜いた10校とプリンスリーグ東海6校の16校が出場する。1回戦は11月2日。決勝は16日にエコパスタジアムで行う。優勝校は12月30日開幕の全国選手権の出場権を得る。
 プリンスリーグ東海を戦う静岡学園、清水桜が丘、藤枝東、富士市立、藤枝明誠、浜松開誠館は1次トーナメントを免除され、決勝Tからの出場になる。4年ぶりに県総体を制した清水桜が丘の片瀬監督は「公式戦から遠ざかっているが、問題はない」。全国総体は2回戦で敗退したが、選手は強豪と互角の戦いを演じ自信を深めた。静清との初戦に勝つと、2回戦は県総体4強の常葉大橘と伝統校の清水東の勝者が待ち受ける。
 5年ぶりの優勝を狙う静岡学園は、J1鹿島入りが決まったFW松村に対する相手のマークが厳しくなることが想定される。川口監督は「松村が個性を出しながら、他の選手も得点に絡んでほしい。焼津中央との初戦からしっかり戦いたい」と話した。
 藤枝東は初の決勝T進出を果たした浜松工が相手。小林監督は「(優勝した2月の)県新人大会のころは大ざっぱだったが、ようやくウチらしくなってきた」とチームの成長に手応えを口にする。
 昨年初優勝した浜松開誠館は磐田東と対戦する。青嶋監督は「今年は厳しいが、いい準備をして臨みたい」と抱負を述べた。

高校サッカーしずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト