静岡新聞SPORTS

藤枝東、延長制しV 静岡県高校総体サッカー・男子

(2018/6/4 07:50)
清水桜が丘―藤枝東 延長後半10分、勝ち越しゴールを決めてチームメートの輪に飛び込む藤枝東・平尾拳(右)=エコパスタジアム
清水桜が丘―藤枝東 延長後半10分、勝ち越しゴールを決めてチームメートの輪に飛び込む藤枝東・平尾拳(右)=エコパスタジアム
応援スタンドからの声援に応える藤枝東イレブン=エコパスタジアム
応援スタンドからの声援に応える藤枝東イレブン=エコパスタジアム

 前半早々に失点したが、後半は中盤からの組み立てを修正。トリックプレーや選手層の厚みで流れを呼び込み、後半5、6分に連続得点して逆転した。
 県総体の頂点は11年ぶり。鈴木大主将は「日々の練習は全国で結果を残すため」と喜びを一時封印した。サッカー王国復権へ、藤色のイレブンは静かに闘志を燃やしている。

 ■清水桜が丘 執念及ばず
 清水桜が丘は延長戦で力尽きた。だが、2月の新人戦は県大会2回戦で敗退したチームが、逆転された後に2度追いつく執念を見せた。主将マークを着けた八木は「粘ることもできなかったチームだが、全員でやってきた成果は出せた」と話した。片瀬監督は「経験がない選手がこの試合を次にどう生かすか」と2年連続の全国選手権出場への足掛かりとしたい考えだ。

高校サッカーしずおかの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第12節 1回戦
磐 田 2 - 0 仙 台 (終了)
大 分 1 - 1 清 水 (終了)
F東京 2 - 0 札 幌 (終了)
横浜M 4 - 1 神 戸 (終了)
鹿 島 5 - 0 松 本 (終了)
G大阪 1 - 0 C大阪 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト