ジュビロ磐田不発、アスルクラロ沼津と0―0ドロー 練習試合

 J2磐田とJ3沼津は14日、ヤマハ大久保グラウンドで練習試合(45分×3本)を行った。磐田はMF鈴木雄、MF大津と新加入2人を含む主力が出場した1本目は6本のシュートを放ったが、無得点。3本合計は0―0だった。

磐田ー沼津 1本目、磐田の大津(手前)がドリブル突破を狙うが、相手に倒される=ヤマハ大久保グラウンド
磐田ー沼津 1本目、磐田の大津(手前)がドリブル突破を狙うが、相手に倒される=ヤマハ大久保グラウンド

 磐田は6日のJ1清水戦、10日のJ1広島戦に続き、攻撃に迫力を欠いた。44分、大津が相手に倒されて得たFKをMF遠藤が直接狙ったが外れた。「1本目は慎重にやりすぎた。アグレッシブにやらないとうちのサッカーにならない」と鈴木監督。けがでMF大森が欠場したことも響いた。
 リーグ開幕に向け多くのことを試している段階で収穫もあった。1本目32分、MF松本の左クロスが流れたボールを、逆サイドに走り込んでいた鈴木雄が拾ってシュートを放った。「守備でハードワークし長い距離を走る自分の強みをもっとチームメートに分かってほしい」と臨んだ一戦で持ち味を出した。春季キャンプ中は3バックの両脇を担い、この日は左右のアウトサイドMFで出場するなど、複数のポジションができることでもアピールした。

 ◆沼津は手応え
 J3沼津は粘り強く守り、磐田を無失点に抑えた。1本目は相手にボールを支配されたが、38分にMF高橋が決定的な反転シュートを放つなど好機もつくった。6日のJ2山形戦は0―7と完敗。MF菅井は「磐田にもボールを支配されたが、試合中にプレスの強度など修正することができた」と守備面に手応えをつかんだ。

 ▽練習試合(45分×3本)

 磐田 0(0―0 0―0 0―0)0 沼津

 【磐田の1本目メンバー】GK八田▽DF 山本義、大井、伊藤▽MF 遠藤、山本康、小川大(松本)、鈴木雄、山田、大津▽FW小川航
 ※かっこ内は交代選手
 

SNSでシェアするSHARE

いい茶0