静岡新聞SPORTS

J2再開 ジュビロ磐田、28日敵地で京都戦 J1復帰へ再出発

(2020/6/28 07:49)
京都との再開初戦に向けて練習に励む小川航(左)ら磐田の選手たち=磐田スポーツ交流の里ゆめりあサッカー場
京都との再開初戦に向けて練習に励む小川航(左)ら磐田の選手たち=磐田スポーツ交流の里ゆめりあサッカー場

 4カ月ぶりに再開したJ2は28日、第2節残り2試合を行い、磐田は敵地で京都と対戦する。2月23日の開幕戦ではFW小川航の2得点で山形に2―0と快勝。中断期間中にさらにチーム力を高め、2015年(J2)以来5年ぶりの開幕2連勝を狙う。

 ■攻守切り替え磨き J1復帰へ再出発
 磐田は元日本代表MF今野やFW中野が中断期間中にけがから復帰するなど、2月の開幕戦より戦力が充実している。12月20日まで残り41試合と過酷な戦いになるが、フベロ監督は「(昨年8月に)就任してからずっと思い描いている自分の戦術を、全員が理解してきた」とチームの完成度に手応えを示す。
 中断期間はボール支配率を高めながら、奪われた後の切り替えの速さを磨いた。速攻も武器となり、MF山田は「J2を戦う上では守備を固めてくるチームにどう対処するかだが、練習試合で点が取れているので自信はある」と話した。
 チームは27日の練習後、新型コロナウイルス感染防止の一環で新幹線などでの移動を取りやめ、バスで京都に向かった。小川航は「感染者が出れば一気に崩れるので、対策を心掛けたい。連戦も続き、体のケアが重要」とピッチ外でも気を引き締める。
 京都は昨季J2で8位。昨年まで磐田に所属したMF荒木や元日本代表DF森脇、FW李忠成らを補強した。

話題の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

JリーグYBCルヴァン・カップ

◇最終節 A組
清 水 2 - 3 鹿 島 (終了)
名古屋 2 - 2 川 崎 (終了)
◇最終節 B組
仙 台 0 - 3 C大阪 (終了)
◇最終節 C組
札 幌 1 - 1 横浜C (終了)
広 島 - 鳥 栖 (中止)
◇最終節 D組
 柏  3 - 1 大 分 (終了)
湘 南 1 - 2 G大阪 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿