静岡新聞SPORTS

J2ジュビロ磐田、戦術が浸透 練習試合で岐阜に5-0

(2020/6/18 08:38)
磐田-岐阜 前半31分、ゴールを決めて喜ぶ磐田の松本=磐田スポーツ交流の里ゆめりあサッカー場(ジュビロ磐田提供)
磐田-岐阜 前半31分、ゴールを決めて喜ぶ磐田の松本=磐田スポーツ交流の里ゆめりあサッカー場(ジュビロ磐田提供)

 J2磐田は17日、磐田スポーツ交流の里ゆめりあサッカー場でJ3岐阜と練習試合を行った。1人あたりの出場時間は短かったが、けが人を除く全選手が出場。パスをつなぎサイドチェンジを多用してゴールに迫る戦術が全体的に浸透し、終始ボールを支配した。スコアは5―0だった。
 前半は右サイドから崩す場面が目立った。23分、DF小川大の縦パスに抜け出したFW小川航が相手DFの背後を突いて先制。31分は右サイドで高い位置を取った小川大のクロスをMF松本が合わせた。松本は「サイドで人数をかけることができた。パスを回しながらどうやってフィニッシュに持っていくかをみんなが意識している。選手の立ち位置や距離感が良くなり、バランスもいい」と2月23日の山形との開幕戦からの進化を口にした。
 再開初戦の28日の京都戦後は、7月6試合、8月7試合の過密日程。ボールを支配する戦いは夏場の「消耗戦」では優位に働きそうだ。フベロ監督は「暑さと湿気に順応しながら、自分たちがやりたいサッカーを続けていく」と“再開ダッシュ”への手応えを示す。

 ▽練習試合(45分×2)
 磐田 5(3―0 2―0)0 岐阜
 ▽得点者【磐】小川航、松本、中野(PK)、中川、ルリーニャ(PK)
 【磐田の先発メンバー】GK 八田▽DF 小川大、大武、藤田、宮崎▽MF 上原、伊藤、松本、山本▽FW 三木、小川航

話題の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿