静岡新聞SPORTS

ジュビロ磐田が新体制発表 フベロ監督「J1復帰へ攻撃的に」

(2020/1/12 08:35)
1年でのJ1復帰を誓った(前列左から)フォルリン、清田、フベロ監督、吉長、三木(後列左から)船木、中川、大武、杉本、大森=ヤマハスタジアム
1年でのJ1復帰を誓った(前列左から)フォルリン、清田、フベロ監督、吉長、三木(後列左から)船木、中川、大武、杉本、大森=ヤマハスタジアム

 J2磐田は11日、ヤマハスタジアムで2020年の新体制を発表した。昨年8月に就任したスペイン人のフベロ監督(45)は、攻撃的なサッカーで1年でのJ1復帰を目指すことを明言した。クラブは育成にも力を入れる方針を掲げ、10年ぶりに復帰した鈴木政一強化本部長(65)は「長期にわたる強いチームの維持」に向けた改革を推し進めることを強調した。

 ■戦術の継続と進化 復帰への道筋描く
 5年ぶりにJ2を戦う磐田。フベロ監督は「J1でもJ2でも自分のサッカーを変えることはない。攻撃的なスタイルをつくる。ボールを保持し、相手陣内でプレーする。奪われたらすぐに取り返す。そういうサッカーを目指す」ときっぱり言い切った。就任した昨年8月からチームに浸透させてきた戦術の継続と進化に、J1復帰への道筋を立てた。
 J1FC東京から完全移籍したMF大森は、昨年11月9日のヤマハでの試合が忘れられない。磐田は0―1で敗れたが、「試合を通していいサッカーをしたのはジュビロだった。ポゼッションスタイルで面白いサッカーをしていた」。J2のチームに移籍するリスクより、磐田を復活させるミッションの魅力を選び、「覚悟を持ってきた」とも話した。
 昨年の残留争いの中で磐田は終盤に4勝するなど追い上げた。結果的には初の最下位に終わったが、選手は自信を取り戻し、フベロ監督が起用してきた主力のほとんどがチームに残る決意を固めた。「われわれは素晴らしいサポーターに借りがある。簡単な道のりではないが、一丸となってJ1に復帰し、その先につなげたい」とフベロ監督は言葉に力を込めた。

話題の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト