静岡新聞SPORTS

J1残り2節 ジュビロ磐田、難敵に真っ向勝負

(2019/11/30 07:47)
磐田PO争い
磐田PO争い
J1残留争い
J1残留争い

 明治安田J1リーグは30日、各地で第33節9試合を行う。前節23日の札幌戦に勝ってJ1残留に踏みとどまった最下位の磐田は、ホームのヤマハスタジアムで名古屋と対戦する。
 磐田は勝って16位湘南の結果を待つしかない。フベロ監督は「前節札幌に勝ったことがチームに自信を与えている」と難敵連破に手応えを示す。
 戦術が浸透してきた磐田は、真っ向勝負を貫く。名古屋には2009年5月のJ1リーグ戦で勝って以来、公式戦16試合勝ちなし。昨年9月はホームで1―6と大敗したが、MF荒木は「今はやることがはっきりしているから、相手に対する怖さがない。自分たちがやるべきことをやり続けるだけ」と自信をみなぎらせた。
 札幌戦で左大腿(だいたい)を負傷した主将のDF大井の欠場が濃厚。まとめ役不在に不安は残るが、FW川又は「残留したいというみんなの思いが強くなっている。サポーターに勝利を届けることだけを目指す」と今季わずか1勝のホームの最終戦で、死力を尽くす覚悟だ。

 <メモ>残留争いの行方 最下位の磐田(勝ち点28)は名古屋戦勝利が絶対条件。残り2試合連勝しても勝ち点は34のため、名古屋に勝っても16位湘南(32)が広島に勝つと、J2自動降格(17位以下)が決まる。湘南が引き分け以下だった場合、12月7日の最終節に望みをつなぐ。
 15位清水(36)はC大阪に勝てばJ1残留。引き分け以下でも湘南、17位松本(30)の結果次第では残留が決まる。

話題の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第13節 1回戦
湘 南 0 - 0 鳥 栖 (終了)
◇第33節 2回戦
神 戸 1 - 3 鹿 島 (終了)
横浜M 2 - 1 名古屋 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿