静岡新聞SPORTS

ジュビロ磐田4戦ドロー 昇格風前の灯火 J2リーグ第35節

(2020/11/22 08:58)
甲府―磐田 後半5分、甲府に先制点を奪われた磐田イレブン=甲府・中銀スタ
甲府―磐田 後半5分、甲府に先制点を奪われた磐田イレブン=甲府・中銀スタ

 J2リーグは21日、各地で第35節の10試合を行い、磐田は甲府と1―1で引き分けた。
 
(2)中銀スタ(2分け)▽観衆5309人
甲府 14勝14分け6敗(56)1(0―0 1―1)1磐田 11勝15分け9敗(48)
▽得点者【甲】松田(4)【磐】松本(1)
 
 【評】磐田がボールを支配したが、甲府に勝ち切ることはできなかった。
 前半28分、伊藤の左クロスを中野が頭で合わせ、38分は小川大の右クロスの跳ね返りを拾った大森がシュートを放ったが、ともに相手GKに阻止された。
 後半5分、甲府のFKをクリアし切れずに先制されたが、10分に松本のゴールで追い付いた。13分、甲府の金園に打たれたシュートはポストを直撃。41分、小川大のシュートはGKに止められた。

 ■頼みの遠藤にも疲労感
 4試合連続の「1―1」。磐田はまたも勝利につなげられず、5戦勝ちなしとなった。0―1の後半10分、MF大森の左クロスをMF松本が頭で合わせて追い付いた。その後もボールを支配したが、シュート数は甲府より1本少ない8本だった。
 「今週はシュートの意識を高めようとやってきたが、打てるチャンスがあるのに打たなかった場面もあった」と鈴木監督。ルリーニャ、三木とFW陣を早めに投入したが、攻撃に変化を与えることはできなかった。松本は「チャンスは試合を重ねるごとに増えている。シュートの精度を高めないと」と今季初得点にも悔しさだけが募った。
 頼みのセットプレーでも相手を脅かすことはできなかった。後半は7本のCKを獲得したが、はね返され続けた。鈴木監督は「(キッカーの)遠藤は疲労もあるが、中で合わせる選手の動きの問題もある」と話した。戦力的にも、戦術的にも遠藤が中心。11試合連続先発出場している40歳を休ませる余裕は、今のチームにはない。
 次節25日午後7時半開始の琉球戦で磐田が求められるのは勝利だけ。磐田の試合より1時間半早く始まる2位福岡が東京V戦で勝ち点を上乗せすれば、その時点でJ1昇格の可能性は消滅する。そんな状況でも、ホームで意地だけは見せたい。

公式戦の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第30節 2回戦
名古屋 0 - 0 大 分 (終了)
広 島 2 - 2 札 幌 (終了)
清 水 - 湘 南 (14:00)
鹿 島 - 浦 和 (15:00)
C大阪 - 横浜C (15:00)
G大阪 - 鳥 栖 (17:00)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿