ジュビロ磐田、2度追い付く J2リーグ第11節

 明治安田J2リーグは12日、各地で第11節の11試合が行われ、磐田は大宮と2-2で引き分けた。

大宮―磐田 後半、同点に追いつくゴールを決めて祝福される磐田・伊藤(左から2人目)=さいたま・NACK5
大宮―磐田 後半、同点に追いつくゴールを決めて祝福される磐田・伊藤(左から2人目)=さいたま・NACK5


(1)NACK5▽観衆3029人
大宮 6勝2分け2敗(20)2(1―0 1―2)2 磐田 5勝3分け3敗(18)
▽得点者【宮】大山(1)OG【磐】伊藤(1)ルキアン(6)

 【評】磐田がドローに持ち込んだ。
 前半は大宮の堅守を崩せず、速攻やセットプレーから再三のピンチを招いた。43分にパスカットされ、大山に敵陣からのロングシュートを決められた。
 2人の交代と左右のポジションを入れ替えた後半に巻き返し、15分に伊藤のミドルシュートが決まって追い付いた。36分に勝ち越され、45分にルリーニャの一発退場で苦しくなったが、終了間際に大森の左クロスをルキアンが決めた。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0