ジュビロ磐田、悔やまれるドロー J2第8節

 明治安田J2リーグは29日、各地で第8節の11試合が行われ、磐田は2―2で琉球と引き分けた。

(1)タピスタ▽観衆766人
琉球 4分け4敗(4) 2(1―0 1―2)2 磐田 3勝2分け3敗(11)
▽得点者【琉】池田(2)上原慎(1)【磐】中野(2)ルキアン(4)

 【評】2度追い付いた磐田だったが、勝ち越せなかった。
 前半は琉球に決定機を量産された。14分に最終ラインの背後を突かれ、先制点を許した。12分の針谷、41分の伊藤と遠目からシュートを狙ったが、相手を崩せない展開が続いた。
 後半から投入の小川航が1分、ヘディングシュートから反撃への流れをつくり、9分に中野が同点ゴール。35分に琉球に勝ち越されたが、41分にルキアンのゴールで追い付いた。

いい茶0
メールマガジンを受信する >