静岡新聞SPORTS

ジュビロ磐田、FW中野がホーム16カ月ぶり決勝点 途中出場泥くさく J2第6節

(2020/7/20 09:12)
磐田―北九州 後半、先制ゴールを決める磐田・中野(中央)=ヤマハスタジアム
磐田―北九州 後半、先制ゴールを決める磐田・中野(中央)=ヤマハスタジアム

 FW中野がホームで復帰ゴールを決めた。途中出場でピッチに立った8分後の後半16分、MF大森のスルーパスに抜け出し、右足のトラップで内側に入れた。相手DF2人とGKが対処しづらい絶妙な位置に置いたボールに右足を伸ばし、左隅に流し込んだ。
 「意図してあそこに落としたとは言えないが、GKのタイミングは外せた」と中野。ヤマハスタジアムでの得点は昨年3月6日のルヴァン杯のG大阪戦以来、約1年4カ月ぶり。その後、期限付き移籍したJ2岡山で左ひざ前十字靱帯(じんたい)を損傷し、長く戦列から離れた。「(けがした)ひざと毎日向き合い、ここまで来られた。サポーターの拍手も力になった」。磐田復帰後の初得点に、安堵(あんど)の表情を見せた。
 磐田は前節15日の福岡戦の先発から6人を変更した。「(3連戦の)最後の試合はフレッシュな選手を使った」と話したフベロ監督は、ベンチに多くの主力がいた中、中野を交代の1番手で投入した。「相手の背後に抜け出すのがうまく、決定力も高い」と指揮官の評価は高まっていた。大森は「中野がいい動きをしていたので、特長を生かしたかった」と頼もしいストライカーの復活を喜んだ。

公式戦の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第24節 2回戦
札 幌 3 - 0 横浜C (終了)
鹿 島 1 - 0 広 島 (終了)
名古屋 1 - 0 仙 台 (終了)
G大阪 2 - 1  柏  (終了)
浦 和 3 - 1 C大阪 (終了)
鳥 栖 2 - 2 湘 南 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿