静岡新聞SPORTS

磐田、耐えて追い付く J1リーグ第1節

(2019/2/24 08:02)

 サッカーJリーグ1部(J1)は23日、第1節8試合を行い、県勢のジュビロ磐田と清水エスパルスはともにチーム開幕戦を1―1で引き分けた。磐田はFW川又堅碁選手(29)、清水はFW北川航也選手(22)の両エースが得点した。
 磐田は、磐田市のヤマハスタジアムで松本山雅FCを迎えた。前半8分に先制されたが、後半26分に日本代表復帰を目指す川又選手のゴールで追い付いた。
 J1は12月7日の最終節まで、ホームアンドアウェー方式で18チームが争う。

 (1)ヤマハ▽観衆14469人
 磐田 1分け(1) 1(0―1 1―0)1 松本 1分け(1)
 ▽得点者【磐】川又(1)【松】岩上(1)

 【評】磐田が松本の速攻に耐えて同点弾を呼び込んだ。
 前半8分、直接FKで先制された。磐田はボールを支配しながら好機をつくったが、自陣でのミスからピンチを招く場面も目立った。
 後半8分、松本のFKからの決定的なシュートをGKカミンスキーが防いだ。26分、山田の左クロスを川又が頭で決めて1―1としたが、逆転することはできなかった。

公式戦の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第1節 1回戦
湘 南 2 - 3 浦 和 (終了)
仙 台 1 - 1 名古屋 (終了)
 柏  4 - 2 札 幌 (終了)
川 崎 0 - 0 鳥 栖 (終了)
C大阪 1 - 0 大 分 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト