静岡新聞SPORTS

ホンダFC「今年は王座奪還を」 リーグ戦へ浜松市長に抱負

(2021/1/14 12:07)
2021年シーズンに向け健闘を誓う池松選手(手前左)と鈴木主将(同右)=浜松市役所
2021年シーズンに向け健闘を誓う池松選手(手前左)と鈴木主将(同右)=浜松市役所

 サッカー日本フットボールリーグ(JFL)のホンダFC(浜松市中区)の鈴木雄也主将(29)と池松大騎選手(25)、チーム関係者が市役所に鈴木康友市長を訪ね、リーグ戦4位、天皇杯ベスト8だった2020年シーズンを報告した。
 昨年のリーグ戦は、コロナ禍の影響で試合数が例年の半分となる1回戦総当たり15試合に削減。リーグ4連覇を達成して他チームから警戒が強まり、目標だった5連覇を逃した。
 鈴木主将は「悔しい気持ちがチームを成長させるはず。王座を奪還したい」と気を引き締め、池松選手は「力の差を感じた。もっと頑張って優勝を目指す」と意欲を示した。
 21年のリーグ戦は3月開幕の方向で調整中。ホンダFCは昨年までプロ選手も数人在籍したが、今年からはホンダ従業員のアマチュア選手だけで運営する。鈴木市長は「またリーグで優勝してほしい」と激励した。

ホンダFCの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿