静岡新聞SPORTS

<静岡県市町駅伝>下田市チーム 2年連続敢闘賞を報告

(2020/12/12 15:14)
敢闘賞受賞を報告する渡辺監督(中)ら=下田市役所
敢闘賞受賞を報告する渡辺監督(中)ら=下田市役所

 5日に静岡市で開かれた県市町対抗駅伝(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催)で、2年連続敢闘賞を受賞した下田市チームの渡辺洋之監督、田中治俊実行委員長らが11日、市役所で松木正一郎市長と佐々木文夫教育長に結果を報告した。
 市の部22位のチームは前回からタイムを3分5秒短縮し、過去最高の2時間23分52秒を記録した。渡辺監督は「選手の努力はもちろん、市民の応援のおかげ。早速、14日から練習を再開する。地域全体のレベルアップを図りたい」と述べた。
 松木市長は「2年連続の受賞は素晴らしい。選手個人の努力と、それを最大化した監督の手腕のおかげ」とねぎらった。

2020の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿