静岡新聞SPORTS

<静岡県市町駅伝>函南町 日大三島高の師弟粘り 終盤2位争い

(2020/12/6 13:01)
榎本選手にたすきを渡して背中を押す渡辺選手(左)=第10中継所
榎本選手にたすきを渡して背中を押す渡辺選手(左)=第10中継所

 函南町は、日大三島高陸上部の師弟コンビが粘りを見せ、レース終盤に長泉町と熾烈(しれつ)な2位争いを演出した。
 同校陸上部顧問の10区渡辺望帆選手(29)=日大三島高・中職員=は、同校3年の11区榎本晃大選手(17)の指導に当たる。大会前には2人で早朝の特訓に臨んできた。
 渡辺選手は区間4位の力走。前を行く長泉町の選手に迫り、たすきとともに「行け!」と榎本選手の背中を押した。追い上げを託され、集中力が増したという榎本選手。追い抜くも抜き返され、「先生と挑む最初で最後の駅伝を良い結果にしたかった」と気力を振り絞り懸命に前を追った。
 駅伝後、榎本選手は「高校から始めた陸上を基礎から教えていただいた」と感謝し、渡辺選手は「将来は函南町のアンカーを目指して」と期待した。

2020の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿