静岡新聞SPORTS

<静岡県市町駅伝>沼津市 平田選手が10年ぶり力走

(2020/12/6 11:33)
力走した中学生選手をねぎらう平田選手(左)=草薙陸上競技場
力走した中学生選手をねぎらう平田選手(左)=草薙陸上競技場

 沼津市は市の部15位と昨年より順位を落としたが、2時間19分40秒を記録し、チーム目標の2時間20分以内を達成した。第1回から大会に関わる平田裕也選手(41)=沼津市役所=が10年ぶりに走り、平田選手の背中を見て育った中学生選手が力を発揮した。
 平田選手は第1回大会で当時の戸田村代表としてアンカーを務めた。その後も選手兼コーチとしてチームに貢献。直近10年はコーチを担い、周囲の後押しもあり最終区を走った。「沿道の景色は変わっていたが、競技場に入った時の高揚感は変わらなかった」と顔をほころばせた。
 平田選手から小学生のころから駅伝の指導を受ける7区木村隆晴選手(14)=今沢中2=は区間6位、8区大橋わかば選手(14)=金岡中2=は区間7位と好成績を収めた。片山修監督(52)=東京電力パワーグリッド=は「平田選手はチームの精神的支柱。今後も活躍を」と期待した。

2020の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿