静岡新聞SPORTS

<静岡県市町駅伝>磐田市 妹の力走、双子の姉が支え

(2019/12/1 09:16)
たすきを受けて走りだす蜂須賀来奈選手(右)=第7中継所
たすきを受けて走りだす蜂須賀来奈選手(右)=第7中継所

 静岡市内で30日に開かれた第20回記念県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催)。市の部9位の磐田市は、蜂須賀来奈(らな)選手(14)=城山中2=が、控えに回った双子の姉、夕来(ゆら)選手=同=の存在を支えに8区を駆け抜けた。
 小学5年で陸上を始めて以来、常に高め合ってきた姉妹だが、来奈選手が3回目の正選手の座を射止めた一方で、夕来選手は一歩届かなかった。悔しさをこらえ、疲労がたまった妹の脚をマッサージするなどサポートしてきた。
 「自分は出られないけど、全力で頑張って」と送り出された来奈選手は「夕来の分まで」と力走した。目標には20秒及ばなかったが、「競い合えて良かった」と振り返る。
 夢はそろっての出場。「持久力を強化したい」(来奈選手)、「妹に勝ちたい」(夕来選手)と、姉妹の切磋琢磨(せっさたくま)はこれからも続く。

2019の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第19節 2回戦
名古屋 3 - 1 清 水 (終了)
浦 和 0 - 2 横浜C (終了)
神 戸 4 - 0 札 幌 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿