静岡新聞SPORTS

<静岡県市町駅伝>市の部区間賞 選手喜びの声

(2019/12/1 09:46)

 ■市の部・区間賞 ★は区間新、◎は区間タイ
 【1区(3.673キロ)=中・高校生女子】
 杉森 心音(浜松市北部、北浜中3)11分50秒
 【2区(1.903キロ)=小学生男子】
 小松 凜大(浜松市中央、葵西小6)5分51秒
 【3区(1.715キロ)=小学生女子】
 藤田 祐咲(御前崎市、御前崎第一小6)5分40秒
 【4区(3.549キロ)=中・高校生女子】
 細谷 愛子(静岡市静岡、静岡東中3)11分27秒
 【5区(6.855キロ)=高校生男子】
 吉田 響(御殿場市、東海大翔洋高2)19分20秒
 【6区(3.911キロ)=40歳以上男女不問】
 平田 繁聡(御殿場市、陸自滝ケ原)11分24秒
 【7区(3.564キロ)=中学生男子】
 馬場 大翔(御殿場市、御殿場中3)★10分24秒
 【8区(3.02キロ)=中学生女子】
 森  彩純(御殿場市、御殿場中3)9分58秒
 【9区(1.619キロ)=小学生男女不問】
 小川 志生(浜松市西部、和地小6)5分9秒
 【10区(3.051キロ)=一般女子】
 清水 真帆(静岡市清水、ヤマダ電機)9分28秒
 【11区(4.31キロ)=中・高校生男子】
 杉本 訓也(島田市、島田高2)12分37秒
 【12区(5.025キロ)=一般男子】
 中村 泰之(富士市、スズキ浜松AC)◎13分58秒

 ■1区 杉森心音(15)=浜松市北部、浜松北浜中3年=
 市町駅伝は特別な大会。令和初の区間賞を狙っていた。練習通り全ての力を出し切れた。
 ■2区 小松凜大(12)=浜松市中央、浜松葵西小6年=
 終盤のペースが少し落ち、無理だと思ったがチームのためにという気持ちで走った。
 ■3区 藤田祐咲(12)=御前崎市、御前崎一小6年=
 自分の成長を感じていたので、走るのが楽しみだった。受賞を知って驚いた。力を出し切れた。
 ■4区 細谷愛子(15)=静岡市静岡、静岡東中3年=
 自分の走りが確実に戻っている。中学最後の市町駅伝を5年連続区間賞で締めくくれて幸せ。
 ■5区 吉田響(17)=御殿場市、東海大翔洋高2年=
 調子が良く、最後まで余裕を持てた。喜びとチームの優勝に貢献できた気持ちが大きい。
 ■6区 平田繁聡(40)=御殿場市、陸自滝ケ原=
 先頭でたすきを受けると思い、前半から飛ばした。2位の静岡市静岡に追い付かせない気で走った。
 ■7区 馬場大翔(15)=御殿場市、御殿場中3年=
 序盤から突っ込んで押し切ろうと思って走り、最後まで勢いに乗れた。持ち味を発揮できた。
 ■8区 森彩純(15)=御殿場市、御殿場中3年=
 調子は良かった。2位との差が開いていたから最初からスピードを出した。納得の走りができた。
 ■9区 小川志生(11)=浜松市西部、浜松和地小6年=
 区間首位になるために練習してきた。大きな大会で受賞することができ、自信が付いた。
 ■10区 清水真帆(24)=静岡市清水、ヤマダ電機=
 沿道からの応援が力になった。地元の期待がスランプを乗り越える原動力になった。
 ■11区 杉本訓也(17)=島田市、島田高2年=
 徐々にピッチを上げながら粘り強く走った。声援を送ってくれた島田市民に感動を与えられたと思う。
 ■12区 中村泰之(34)=富士市、スズキ浜松AC=
 練習から好記録が出ていた。チームの順位を上げることだけを考えて走った。来年は区間新を出したい。

2019の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第19節 2回戦
名古屋 3 - 1 清 水 (終了)
浦 和 0 - 2 横浜C (終了)
神 戸 4 - 0 札 幌 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿